私の恥ずかしい返品体験

| コメント(0) | トラックバック(0)

だいぶ前の話なんですが、
私情で慣れない帯を購入することになった私。

帯って種類にも寄りますが
数万から数十万円するもの・・たくさんあります。

安く手に入れる方法としてリサイクルの状態のいい帯を見つけること・・と思って
とある百貨店でリサイクル市を見に行くことにしました。

残念ながらリサイクル市では思うものが見当たらず、
リサイクル会場のとなりにあった呉服店もついでに見にいくと
「新品では普通こんな価格では買えないよ!」と
とにかく帯が欲しかった私は
ちょっと予算より高かったけれど、新品だし★とあれよあれよという間に
数万円の帯を購入してしまいました。

家に持って帰ってから試着中に異変に気づき、
「あれ?刺繍糸の緩みがあっちこっちにある・・」
「新品なのになんで?」

早速お店に電話した所、
「返品はできませんので、状態を見させていただいて有償か無償かの修理になります。」・・・とのこと。

え!有償の可能性もあるの!?

確かに購入時に帯の四つ折り部分の一番上しか見てないので
ちゃんと手にとって確認しなければならなかったのに、それをしなかった自分を後悔。

でも返品できないという説明も受けなかったし、
広げて見せなかったお店に過失はないのかしら?

使ってもないのに帯の修理代を出せなんて・・・修理代って何万する?
困ったー!!と思って悩んでいた所・・・

旦那から一言。

「クーリングオフできんのー??」
「あ、そっかー。」

当時、無知な私はクーリングオフを返品と同じように考えていました。

でもあれって後から知ったんですが
契約解除出来るものと出来ないものがあるんですよね。
もちろん帯は布製品だし店頭販売なのでクーリングオフ対象外。

結局お店の人に相談したら、なんと
「こちらも不足していた部分がありました」と返品を受け入れてくださいました。
これはあくまでもお店のご好意で100歩譲っての判断だったと思います。

今回はお店の方が良心的だったから良かったものの、本当だったら泣き寝入り。
金額がどうであれ商品を購入する時は本当に気をつけないとな・・と思った経験でした。

ちなみに訪問販売などで契約してしまった太陽光発電契約などは
クーリングオフの対象になるみたいです(´∀`*)

私の友達は脱毛器を返品したらしいです。そんなことできるんですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.cdjdhy.com/mt/mt-tb.cgi/13

コメントする

このブログ記事について

このページは、shoiが2013年3月29日 16:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「太陽光のロマンチックなお話」です。

次のブログ記事は「太陽光と電磁波について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12